revivel~毎日が現実逃避~

スマホゲームに読書に映画にBeatlesに現実逃避の日々

令和初の「歌会始」放映を観て、田辺聖子著「小倉百人一首」を再読

f:id:revivel:20200206231555g:plain

 
1/16に、令和となって初めての新春恒例「歌会始」が、皇居で行われました。
たまたま仕事で訪問したお宅のテレビで放映されていて、仕事中なのについつい見入ってしまった。
 
 
今年のお題は「望(のぞみ)」
 
一般応募から入選者10人が招かれた中で、今回最年少の18歳女子高生の作品が次。
 
utakai2020-1.png
 
お母さんが娘の将来を真剣に聴こうとしてくれて、娘はそれをちゃんと感じている。
 
 
 
もうひとつ目に留まったのが次。
 
  今よりも 人々の文字 うつくしき
  平和を望む 戦時下の日記
                  大阪府 土田真弓さん
 
 
一気に蘇った・・・・・!
鹿児島の知覧特攻平和会館に展示されている手紙の数々が。
 
家族や婚約者への愛を綴った遺書。
何年か前に訪れて目にしたとき
ガラスケースにパタパタパタと
あんな風に止められない涙はなかった。
 
17~18歳くらいなのに、とても美しい文字だった。
 
 
 
 
五・七・五・七・七
たったこれだけで、情景を鮮やかに表現できる日本語の魅力。
はぁ、いつか私にも・・
 
 
「小倉百人一首」は、田辺聖子さんが軽妙な大阪弁で解説してくれているので、楽しく読めてしまいます。
詠み手のエピソードも豊富。
16番:中納言行平は、在原業平の兄。
で、雪平鍋はご存知かと思うけれど、その行平が語源だって。
 
 
天智天皇から始まって、小野小町、紀貫之、紫式部、清少納言・・・
超有名人の歌がわかりやすくて、これで百人一首が好きになったというレビューが多い。
 
そして、恋の歌も多いから面白いのだ。
 
40番:平兼盛
  忍ぶれど 色にいでにけり わが恋は
  ものや思ふと 人の問ふまで
 
ぼくは 自分の思いを じっと胸に 秘め隠してきたが
おのずと顔や雰囲気に出たのか
”君は恋しているんじゃないか
物思わし気にみえるよ”と
人にたずねられるほどになってしまった
 
昔も今も恋する気持ちはかわりませんねぇ。
 
 
 

 

 
 
 
短歌でもうひとつ気になったのが
セーラー服の歌人・鳥居さん

 

キリンの子 鳥居歌集

キリンの子 鳥居歌集

  • 作者:鳥居
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2016/02/09
  • メディア: 単行本
 

 

ゲームばかりしていてこの数年のことにうと過ぎる



絶版・品切れ本を皆さまからの投票で復刊させる読者参加型のリクエストサイト
復刊ドットコム


c 2020 revivel.